台湾のタオル:他社製品との比較

日本の市場にある他社製品との比較

日用雑貨を取り扱う店舗や家具用品を取り扱う店舗、スーパーや百貨店などで、多くのマイクロファイバータオルが販売されていますが、比較して目で見てみる機会がありません。
そこで、シンプルなデザインで人気の高い日用雑貨大手M社製のマイクロファイバータオルと、同じようにシンプルなデザインで人気の高い家具大手のN社製のマイクロファイバータオルと、弊社の台湾のタオルを比較してみました。

みなさま、吸水性が同じだとしたら、どんな違いで商品を選ばれますか?

・肌触り?
・生地の柔らかさ?
・ふんわりした感覚?
・何度洗ってもガサガサしない?
・写真やイラストが綺麗にプリントできている?
・児童労働や低賃金の労働力搾取がないフェアトレード?

台湾のタオルは、全てを備えている、新しい時代のタオルです。

-片面起毛タオルの比較-

台湾のタオル 片面起毛

台湾のタオルを横から撮影した写真です。
パッと見て、何となく厚みがあるように感じませんか?
このの厚みが、優しい肌触りと高い吸水性を生み出しています。

microfiber towe made in China
中国製マイクロファイバータオル
片面起毛

プロスポーツ業界やアイドル業界などで流通している、中国製マイクロファイバータオルの写真です。
同じマイクロファイバータオルでも厚みが違いませんか?
吸水性は起毛の長さと量が関係します。写真のように綺麗にプリントできても、機能面では台湾製に劣ります。

台湾のタオルと中国製マイクロファイバータオルの比較

台湾製(左側)と中国製(右側)を並べた写真です。
中国製は、皆さまに安価にお届けできるよう中国で製造されているため、高い需要があり多く流通しています。
台湾製は少し高くなってしまいますが、皆さまにより良い商品を手にしていただきたい想いです。

-両面起毛タオルの比較-

台湾のタオル 両面起毛

両面起毛の台湾のタオルの写真です。
乾燥した状態でも、水分を吸収した状態でも、ふんわりした感覚を感じられます。持ち歩きのハンドタオルや、朝起きて顔を洗ったときに使うフェイスタオル、スポーツの汗を拭うタオルなど、肌にをゴシゴシ擦らなくても水分を吸収してくれるので、お肌を傷つけることがありません。

microfiber towe made in China
中国製マイクロファイバータオル
両面起毛、M社製

シンプルなデザインで多くの日用雑貨を販売されている、人気の高いM社のマイクロファイバータオル。
中国製のマイクロファイバータオルで、使い勝手も良く吸水性も高い商品です。薄手の素材の為、タオルとして使用するというより、主にテーブルクロスとして活躍します。

microfiber towe made in China
中国製マイクロファイバータオル
両面起毛、N社製

家具大手のN社のマイクロファイバータオルです。
中国製のマイクロファイバータオルで、薄手ではありますが、フェイスタオルやバスタオルなどのラインナップを揃えていて、パッケージにも「綿のタオルの2倍の吸水性」と記載がある、一般的なマイクロファイバータオルです。